3.サイトあちこち

旅先でライブを(^^)

 先週末の鹿児島ツアーでは、実はもうひとつお楽しみがありました。それは、地元の小さいライブハウスでライブを見ること。ライブを見に行くこと自体を主目的に旅行したことはあるのですが、旅先でついでにライブを見るというのは初めてでした。

jazz&wine パノニカ(鹿児島・天文館)
050302

 行ったのは天文館の「パノニカ」というお店。以前は老舗のジャズライブハウスだったそうですが、今はレストラン&ワインバーの方が主カ。ただし、ライブもないわけではなくて、たまたま26日の夜にライブがあったので、夕食がてら見に行くことにしました。
 この日のライブは20時半から、30分ほどのライブを3回。ピアノとボーカルだけのペア。全体的にしんみり聞くスローな曲が多かったですが、"Georgia on my mind"のようなスタンダードをやるかと思えばビートルズナンバーもやったりして、ええ時間を過ごすことができました(^^)。

 本当はここのおいしいコース料理も食べたかったのですが、昼間に「熊襲亭」で黒豚を食べ過ぎるというミスをおかしたため(^^;;;、一品料理をひとつだけ。でもお魚のカルパッチョ、うまかったです。あと飲み物も長いワインリストがあったのですが、酒の弱い私はこういうものに手が出せないのが残念な限り。代わりにアルコールの弱めのカクテルをつくってもらいました。カクテルの名前はわからんかったのですが、大きめグラスで2杯飲めてしまったほどの飲みやすさでした。それにバーデンダーのShimozonoさんがまたカッコいいんだ。私はカウンターに座っていたので、手つきとかにも見入ってしまいました。

 2回目のライブが終わった後においとまさせてもらったのですが、シェフのTaniyamaさんとShimozonoさんがわざわざ出口まで見送ってくださいました。大してお金も使ってないのに恐縮でした。今回は肥薩おれんじ鉄道も乗り損ねたことだし、また機会を見つけて鹿児島に行って、おいしい料理を堪能したいと思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最北のエアライン

 昨今話題沸騰のセントレアについていろいろ調べ物をしているうちに、世界最北のエアラインにたどりついてしまいました(^^)。

air greenland
050224

 ロゴがいかにも今風っぽくていいですねえ。JR九州ばり?の真っ赤な機体は遠くから目立ちそうです。サイトのデザインはシンプルですが、内容は結構充実しています。純粋な国際線がない(コペンハーゲンには飛んでいるけど、「国内線」扱いなので)にもかかわらず、ほとんどすべてのコンテンツが現地語、デンマーク語、英語の3ヶ国語で表記。なので私にも何が書いてあるかがおおよそわかるのです。

 まず、時刻表は当然PDFが用意されていて、たとえば世界最北の空港Qaanaaq(カーナーク)には夏季のみ週2便飛んでいて、機体がダッシュ7(上記画像参照)であることがわかります。
 で、もっとすごいのは、機内誌もPDFが用意されていてダウンロード可能なことです(Company Profileのコーナーからどうぞ)。広告を含む全ぺ一ジの最新号およびいくつかのバックナンバーを見ることができます。ここの機内誌は季刊の「Suluk」と月刊の「Sululik」。後者は20ぺ一ジほどの小冊子(半分はショッピングコーナー)ですが、前者は充実の84ぺ一ジ。もちろん両方ともコンテンツはすべて3ヶ国語表記です。

 しかも「Suluk」最新号の特集記事で、世界最北の村Siorapalk在住の日本人、大島育夫さんをとりあげています。記事のカットに漢字が出てきたのを見て、私はびっくりしました。ごく一部に意味不明な文字が見られますが、まあこれはご愛矯?ということで(^^)。
 一方「Sululik」2005年1月号の冒頭に社長さんのメッセージがあり、これからは全社方針で観光にカを入れる、として、具体的な観光客増加目標まで明記。「弊社の役割はアイスランドにおけるアイスランド航空の役割とは違う」とも書いてありますが、より密接にかかわっていく、ということなのでしょうか。

 日本人にとってはごくごく少数の人が「オーロラ」をお目当てに来る島、グリーンランド。これまでよりも少しは身近?な感じがしてきました(^^)。
 なお、グリーンランドについては「地球縦回り一周の旅」HPにも詳しく書いてありますので、こちらもご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標公開ブログ

 先日「cnet japan」を読んでて、おもしろい記事を見つけました。amazon.comがブログサイトを買収した、というのですが、これが普通のブログじゃなくて「自分の目標を書き出すブログ」なんです。

43 things.com - Learn Japanese
050212

 自分の目標を書き出して公開して、志を同じくする方々との交流を図ろう、というのがその主旨。トップページを見ると一目瞭然なんですが、すごくわかりやすいです。なんで「43」なのかがよーわからんのですが(^^;こういうシンプルなのが受けるんでしょうね。トップページをざっと見てるだけでホントいろんな目標があるものですけど、上記画像のように「日本語をマスターする」なんてのもあったりします。ご興味のある方はぜひ(^^)。

 こういうのって「不言実行」をよしとする日本では受けないかもしれないけど、ないわけではなくて、最近見つけたのがseesaaブログの中にある「ダイエット・ブログ」です。ここまでテンプレートが整備されたブログは初めて見ました。そのうち、株式投資に特化したブログとか出てくるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

岩国市も広域合併

 昨今話題の「南セントレア市」ってすげ一な一と思っていたら(当の住民の方々もこれはさすがにあんまりだ、と思われたようですけど)私の住んでいる岩国市もいつのまにか合併が決まってしまいました。合併予定日は「南セントレア市」と同じく来年3月20日。地元の新間「防長新聞」もトップで伝えております。

050210

 合併自体にもめるところもありますが、岩国の場合は住民世論的には当初から合併賛成が優勢で、ここまで長引いたのは各市町村の議会がわけのわからん綱引き合戦をやったからだ、という論調が見られました。私は岩国市民になって間もないので、正直どうなのかはよくわからんのですが…
 それはともかく、これで岩国市は面積では山口県最大の市になってしまいます。海に面していた岩国市が島根県とも境を接することになります。まるで山形県と境を接する仙台市みたいです(^^;。「鉄」な方には、錦川鉄道(旧国鉄岩日線)全線が岩国市内になる、と申し上げるとわかりやすいでしょうか(^^)。ちなみに上記リンク先の沿線地図には玖珂町、周東町、由宇町が入っていませんのでさらに一回り大きい、ということになります。

 最近の合併を見ていて思うのですが、すごく乱暴な言い方をすれば、これまでの「郡」が「市」にとって代わるというイメージなんでしょうね。行政の効率化とかを考えれば悪い話ではないのでしょうけど、従来の地名まで消してしまうのはど一かな一。
 で、旅仲間の方が「これからできる市町村一覧」というのを作ってくださいました。この壮絶?な地名の数々は一見の価値ありです(^^;。 私の旅仲間のひとりが、ここまで地名を崩すなんてもはや立派な「環境破壊」だ!、とおっしゃってましたが、これは私も賛成。たとえば錦町○○が「岩国市錦○○」とかになったりすればまだいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーニバルの季節(^^)

 先日ご紹介したリオのカーニバルがいよいよ本番。昨日から今日にかけてトップリーグ"Grupo Especial"が出演しました。申し遅れましたが、リベルダージのHPで今年のカーニバル情報をアップデートしておリます。ご興味のある方はぜひ。
 ポルトガル語や英語の読める方は、ご本家「LIESA」(リオのサンバチーム連合)のぺ一ジヘどうぞ。上記リンクのページの「NOVO」という小さい赤丸をクリックして、さらにずらっと並ぶチーム名をクリックすると、下の画像のような感じで当日の写真がいっぱい掲示してあります。また、ブラジルのポータルサイト「terra」にもカーニバル特設ページがあって、かなり荒いけど動画も見れますよ(^^)。

050208

 毎年日本のサンバ仲間が何人もブラジルに遠征してこのカーニバルを見たり、あるいはカーニバルに出たりしているのですが、たとえば今年は神戸フェジョンプレットのメンバーの方がダンサーとして出場するとのこと。本人による手記も載ってますので、よかったらサイトをのぞいてみてね。

 今日はあのお堅い日本経済新聞のサイト(写真ニュース)にも記事が出ていました。その記事で「国連のミレニアム開発目標」をパレードテーマにしているチームがある、と書いてありましたが、これってどこなんだろ?(^^;
 そ一いえば、とあるニュースで、出場するエスコーラ(サンバチーム)のメンバーのことを「サンバ学校の学生」と言っていたけど、それじゃ一二十歳前後の人しか出てないような印象を与えるではないか(^^;;;。たしかに例の派手な衣装を着た女性ダンサーが目立つんですが、老若男女、子供からお年寄りまで参加するのが本当の姿なんですけどね。私も二十歳はとっくにすぎているけど、今も「日本のサンバ学校の学生」です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココイチ初体験(^^)

 今日の昼食はカレーの「CoCo壱番屋」。いままで食べる機会はいくらでもあったのに、今日が初体験となりました(^^;。他の用事のついででもあったのですが、朝日新聞の「Be」に会長さんのインタビューが載っていたのもきっかけのひとつでした。

 岩国に1店舗だけあるココイチは、岩国駅のすぐ目の前。職場の人が言っていたとおり、岩国基地の米兵さんを何人も見かけました。ココイチは決して「安売り」ではありませんし、アメリカでカレーってあんまりないと思うのですけど、受け入れられる何かがあるんでしょうね。

050205

 食べたのは上記のインタビューでも出ていた期間限定「グランドマザーカレー」750円。具もたっぷりで、ルーも甘すぎず辛すぎずでおいしかったですよ(^^)。
 そうそう、ココイチのHP見て知ったのですが、今年からロゴ変えたんですね。今風っぽくていいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

山口生まれ?のネット銀行(^^)

 山口県の第二地銀「西京銀行」とライブドアが組んで、ネット銀行に進出するそうですね。公式発表は24日でしたが、岩国の地元紙「防長新聞」にはなぜか1日遅れ(^^;で今日26日の朝刊の一面を飾っておりました。

西京銀最強への道のりは?ライブドアとネット銀設立
050126

 ライブドアが念願?のネット銀行再進出を発表したのに、なぜか株価の反応が薄い、とお嘆きの方もおられるようですが、それは組んだ相手が地味すぎたからかもしれません(^^;。
 そもそも西京銀行の本社「周南市」ってどこよ?と思われる方が多いでしょうね。すごく簡単に言うと、もと「徳山市」です。例の平成大合併で昨年4月に誕生しました。岩国市内の標識も「↑周南○○km」とか書きかえられていますが、私も正直言って面食らいました。

 そんなわけで、山口県民になって間もない私はようやく地元銀行の存在を認識するにいたったのですが、この西京銀行、ライブドアと組むだけあって、タダの第二地銀ではなさそうです。大橋頭取は「オンリーワンバンク」を目指すとして、女性パワーの積極活用(女性の常勤役員までいるそうな)とか、西日本初の移動式店舗(マイクロバスを改造)とか個性的な施策を展開。今回ネット銀行進出も大橋頭取のトップダウンで決めたようですね。

 それにしても仙台宮城球場から始まって、高知競馬やら高崎競輪やら、最近ホリエモンはどうも「地方」がお気に入りのようですなぁ。「ダボハゼ」だとか言われようが、誰も注目しないとようなころにとりあえず手を突っ込んでみる、というのがいかにもホリエモンらしいのですけど、山口県民としては今後の動向を注目したいです(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Are you ready for some football?

最初に申し上げておきますが、ここでいう「football」はサッカーでもラグビーでもなくて、アメフトである、ということを御了解の上で、以下を読み進んでください。今日もちょっと長いよ(^^)

続きを読む "Are you ready for some football?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「3Q CUT」ふたたび

先月、こちらでも紹介した「3Q CUT」ですが、昨日、広島・横川駅近くの「エスパッソブラジル」(右記リンクを見てね)に立ち寄った際、すぐ近くにあるのを発見しました。これまで何度か通った道なのに全く気づかなかったなぁ(^^;;;
というわけで、再度リサーチ?しましたので、ご報告します。

続きを読む "「3Q CUT」ふたたび"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マックの「心」を売るお店

 実は最近プロフィールのページを改訂しました。これを見ていただければ、この「ONE NOTE」の由来がマイクロソフトのソフト名ではなくて(マックユーザーなんだから使ってないって)ボサノバの名曲から取ったものだ、ということがわかっていただけると思うのですが(^^;、ズラズラっと並んだリストの2行目にミョーなブランドが書いてあるかと思います。今日はそのお話。

続きを読む "マックの「心」を売るお店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)