« 2009年2月 | トップページ | 2010年10月 »

GB07:21)Ramble in Edinburgh

0905101
 エディンバラ駅に着いたのはちょうどお昼時。ホテルに荷物を預けて、さっそく昼食、そして町歩きに出かけました。

0905102 エディンバラの市街地は、東西に走る線路よりも北側をNew Town、南側をOld Townと呼んでいますが、まず歩いたのはNew Town。線路に沿って走るPrinces Streetとそのひとつ北側のGeorge Streetを行ったり来たりしてました。New Townといっても現代的な高層ビルではなく、18世紀後半に建設された石造りの重厚な建物がつらなっています。中世の面影を残すOld Townと合わせて町並み自体が「世界遺産」に登録されており、見応え十分。スコットランド第2の町のど真ん中にこういう町並みが残っていることに感心してしまいました。

0905103 New Townではいろんなお店を出たり入ったりしたのですが、最も長く居着いたのは、George Streetでたまたま見つけたローラ・アシュレイLAURA ASHLEYの支店。日本でもおなじみで服とか雑貨とかを売っていますが、もともとの発祥は「生地屋」さんでして、このGeorge Street店の2階でも生地がいっぱい売っていました。画像は生地を量り売りするときに使うもの。こいつに布を通すと中の針がくるくる回るしかけです。洋裁をよくされる義母のためにここで2種類ほど生地を購入。ええイギリスみやげになりました。

0905104 ホテルでちょっと休憩して、いよいよOld Townへ。エディンバラを訪ねる観光客が必ず足を踏み入れるロイヤル・マイルRoyal Mileを行ったり来たり。当然ここを訪ねる観光客相手に土産物屋も多数軒を連ねているのですが、ここでは行きたい店がありました。
 デザインズ・オン・カシミアDesigns on Cashmereというお店なのですが、お目当てはここで売っている本場スコットランド・ロキャロンLochcarron社製のタータン・キルト。自分自身へのただひとつのお土産としてこのマフラーを買いたいと思っていたのです。時間をかけてゆっくり選んで自分好みの色合いのマフラーをゲットしました。夕方になって寒くなってきたので、さっそく利用。肌触りもとってもよくて、以後ずっと愛用してます。

0905105 そして、最後に訪ねたのがロイヤル・マイルの西端にしてエディンバラのランドマークであるエディンバラ城でした。お城にしては入場料を11ポンドも取るので結構お高めなのですが、それだけの価値のあるお城でした。結構広くてお城の内部そのものも見応えがある上に、お城からの景色もすばらしい。最初の大きな画像はお城から撮ったエディンバラの町並みですが、その先の海(北海およびフォース湾)まではっきりと見渡せます。最後の最後にまたのんびりした時間を過ごすことができました。
 今回の旅の観光は、これにてすべて終了。あとはええホテルで一晩お世話になって、帰国するのみです…

|

GB07:20)First TransPennine Express

0905091

イギリス8日目。いよいよ旅も終盤にさしかかりました。

この日は半日を移動に費やしました。目的地は、スコットランドの首府、エディンバラEdinburgh。実質的な乗車時間は約2時間半で、ふたつの鉄道会社を乗り継ぐことになりました。まずはウィンダミアWindermereから、西海岸本線との乗換駅オクセンホルムOxenholmまで。乗ったのはFirst TransPennine Expressという鉄道会社でした。

0905092 TransPennineExpressの営業範囲は、主にイングランド北部のローカル線。イングランド北部を背骨のように貫くペナインPennine山脈両側それぞれの町々と、その相互をつないでいます。現在は旧Virgin CrossCountryの営業範囲の一部を受け継いでエディンバラまで路線網を広げています。
2日前にプレストンからウィンダミアまで乗った列車もこの会社で、ともにclass185という最新型のディーゼルカーに乗ることができました。独シーメンス社製、米カミンズ社エンジン搭載。山道に強く、最高速度は100mph。TransPennineExpressのほぼ全域をカバーする近郊輸送向け車両で、もちろん1等車の設備もあります。他の車両の1等車同様2列−1列のゆったりした配置で、対面式シートの真ん中にはちょっとした書き物もできそうな広めのデスク。平日の昼間で他のお客さんがほとんどいなかったこともあり、景色を独り占めするような贅沢な気分にひたれました。

0905093 オクセンホルムから先は再び西海岸本線、Virgin CrossCountryに乗ってエディンバラを目指します。イングランド北部とスコットランド南部をSuperVoygerで快走。このあたりの車窓も平原を延々と走っていくという感じですが、北に行くにつれて人跡がよりまばらになっていきます。カーライルCarlisleを過ぎてスコットランドに入ると、平原ばかりだった車窓になだらかな山並みと森が見えるようになってきます。特にカーライルの次の駅LockerbieからCarstairsJunctionまでの約50マイル(この間に駅はひとつもありません)の車窓は圧巻。見えるのは緑と羊と、鉄 路に寄り添って延びる高速道路を走る車の列ばかり。その車の列をSuperVoygerが気持ちよくちぎっていってくれます。スコットランドらしい雄大な車窓を堪能したひとときでした。

0905094 目いっぱい楽しんだイギリスの鉄路の旅も、ここエディンバラが終着駅。私たちは西海岸本線から乗り入れましたが、ここはもともと東海岸本線のターミナルでもあり、スコットランドで2番目に大きな駅でもあります。スコットランド全域に路線網を広げるScotRailの列車が頻繁に行きかい、とてもにぎやかでした。
ロンドンから大回りしながらエディンバラまで列車で旅してきましたが、乗ったどの列車もいい設備でしたし、車窓もすばらしかったです。まだ乗っていない鉄道会社も数多くありますし、今年からは山口県産(^^)の高速列車Class395も走り始めます。またイギリスをたずねたときには列車で旅してみたいですね。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2010年10月 »