« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

GB07:15)The Slaughter Vale

0804191

 ホテルにチェックインして、ひといきついて、夕食の時間までまだ間があったので、さっそく散歩に出かけました。ホテルの前の道をブラブラ歩いていくと、ちょっとした丘の上に出ました。その丘から撮った写真が上記の画像です。

 ホテルのあるUpper Slaughterは画像左下の木々の中。いくつもの丘に囲まれたくぼみのように見えます。手前に見える白いものは羊の群れ。その奥はどこまでも続くなだらかな丘と森と牧草地。日が暮れるまでこの場所でゆっくりしていましたが、道を行き交う人もなく、車が2台ほど通り過ぎるだけ。もうこの景色をひとりじめしただけで、本当にコッツウォルズに来てよかった、と思いました。


0804192 翌朝、イギリス5日目。

 朝食後さっそく散歩に出かけます。ホテルのフロントで手書きのお散歩マップをもらって、おとなりの集落、Lower Slaughterを目指して歩きました。散歩道はいくつかのルートがあって、普通の舗装道路もあるのですが、おすすめはやはりパブリック・フットパスPublic Footpath。ごく普通の私有の牧草地を突っ切るようにルートが設定されていて、羊用の防護柵を開け閉めすれば誰でも歩くことができる道です。もちろん件のお散歩マップにはFootpathのルートもしっかり書いてありました。


0804193 普通の道をしばらく歩いてから、さっそくFootpathに突入。ちょっと朝露でぬれた草を踏みしめて歩くのは、とても気持ちがよかったです。牧草地のど真ん中を歩きながら左の画像のような景色をたっぷり楽しむことができます。別のFootpathでは10頭ぐらいの牛が水飲み場で水をのんでいるところにぶち当たったりしてちょっとおっかなびっくりでしたが、牛もおとなしかったので全く問題なしでした。
 Footpathはコッツウォルズだけでなくイギリス全土の田舎にあるそうで、こういう道が昔から認められているところにイギリスの奥の深さを感じました。


0804194 ホテルからゆっくり歩いて1時間ほどでLower Slaughterに到着。Upper Slaughterよりはちょっと大きな集落で大きめの教会とかもありましたが、ここも景色の美しいところでした。BLEDISLOE CUPという美しい村の景観コンテストで賞をもらっているようで、その標識が集落の中心にさりげなく飾ってありました。
 私たちもしばらくLower Slaughterで時間をつぶしまして、地元の雑貨店でお土産買ったり、集落の中心を流れる川と紅葉する木々と古い建物、そして建物をやさしく彩る花を眺めたりしていました。


 Lower Slaughterから来た道と別ルートでホテルに戻って、昼食をはさんで、またおでかけです…

|

GB07:14)Lords of the Manor

0804131

Lords of the Manor
ロード オブ ザ マナー
Upper Slaughter Nr.Bourton-on-the-Water
Gloucestershire GL54 2JD

 アンティークがいっぱいある古城のようなホテルに泊まりたい、と思った私の嫁さんが、いろいろ探し回って決めたホテルがここでした。古くからある貴族(Manor)の邸宅をホテルにしたものですが、本当によかったです。


0804132 このホテルのあるUpper Slaughterは本当に小さな集落で、周囲に商店やバーのようなものは見当たりませんでした。不便といえば不便なのですが、イギリスの田舎でのんびりしたかった私たちにとっては本当にぴったり。行き交う車の数も少なくて、私たちがいた道路沿いの部屋でもとても静かでした。

 ホテルの前は広い庭園で、それ自体がいい景色であることはもちろん、庭園内も自由に歩き回ることもできます。庭園にはテーブルとイスも置いてあって屋外でランチやアフタヌーンティーを楽しむこともできますが、すでに寒かったこともあり、今回は見送り。また、ホテルの周辺にもいい散歩道がいろいろありました。詳しくは、次回に。


0804133 今回はこのホテルでは一番安いレートを選んだのですが、あてがわれたのはちょっと広めのダブルルームでした。室内は、4本柱のベッドに大きめのタンス。それにちょっと小さめのデスク。おそらくいずれもアンティークだと思います。それに小さな出窓が3つあって、適度に光が入ってきます。若干暗いといえば暗いのですが、明るすぎるよりもかえって落ち着くような気がして、よかったです。

 食事もおいしかったです。夕食・朝食ともレストランでアラカルト形式の食事を取ることができました。また朝食はためしに一度ルームサービスを頼んでみましたが、いずれも質量ともに十分で、「イギリスの食事はまずい」という噂はウソなんじゃないかと思いました。ここのレストランもDukes Hotel同様こじんまりとしたものでBGMもなく、とても静かで穏やかな雰囲気でした。


0804134 パブリックスペースも充実しています。広い居間と、パブを兼ねたもうひとつの広い部屋が庭園に面していて、屋内からもすばらしい景色を楽しむことができます。パブでは軽い食事を取ることもできるので、私たちも昼食のサンドイッチを食べながら静かな昼下がりのひとときを楽しみました。

 ここのホテルも2泊したのですが、その間に他の日本人の方を3組見かけました。ひと組は某雑誌社の取材で来られたカメラマンと編集者の方、あとのふた組はイギリスで現地駐在をされているご家族が休暇?で来られていたようです。日本人でも知る人ぞ知る存在みたいですね。これから、もうちょっと有名になるかも。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »